職種に合わせて転職エージェントを選択しよう

 

転職エージェントは転職したいけど会社選びが難しい、時間がない…そんな求職者にお勧めです。
しかし、転職エージェントと言っても、現在様々なエージェントがあり、そのなかから自分に合ったエージェントを探すのも一苦労です。

 

そのため今回は、職種別に転職エージェントの見分け方についてお話します。

まず、転職エージェントと一口に言っても、転職エージェント毎に強みがあります。

 

営業に強いのか、企画に強いのか、はたまた管理に強いのか。それを探し当てることが重要です。

 

リクルート」や「パソナ」などの大手エージェントは主に営業や管理系の職種に強い傾向があります。

 

これは、リクルートやパソナが企業や人材の質よりも効率を重要視しているためです。
どこの企業も営業マンや管理系の人材はいつでも募集しています。

内定までの時間も比較的早いです。

 

そのため企業からとにかく求人を洗い出し、大手エージェントはその知名度から多くの求職者が登録してくるので求職者が求人の応募条件に1つでも適合する場合は次々と求人を提案してきます。

 

この手法は、時に希望と全く異なる求人が提案されるデメリットを孕んでいますが、一方で求職者にとって様々な選択肢を与えてくれるので、多様な求人からセレクトしたい方にはおすすめです。

 

企画の仕事を希望する方は中小のエージェントを利用する方がよいでしょう。
抽象のエージェントは求職者の個性を把握して求人の提案をしてくれます。

 

企画の仕事は企業とその仕事内容が求職者にマッチしないとなかなか内定につながりません。
そのため、求職者を手厚くサポートしてくれる中小のエージェントが良いのです。

 

しかし、手厚いサポートがもらえる一方で、大手エージェントと異なり、その提案数は段違いに少なくなる可能性があります。

 

どの転職エージェントも得手不得手があります。
自分の職種に合わせて転職エージェントを選択することも、賢い転職エージェントの選び方です。

新規コメントの書き込み